2007年、小雪の突然の死が受け入れ難く、色々考えている最中Cat's blogの書き込みで皆さんの貴重なお話が聞けました。大切に私の心に置くと共にココに記して、ご覧になられた方々にも考えるきっかけとなれば幸いです。 2007/11/14 I couldn't do to accept sudden death of KOYUKI in 2007. Then everyone's valuable story could be asked by the writing in of Cat's blog. Thank you very much. And the account is written here. I should be very much obliged if it be the trigger the people who saw this consider. 2007/11/14
 ごろさんのお話Talk of Ms. GORO
初代猫のジャックは室内飼いでしたが、尿路結石の手術後に若くして亡くなりました。

室内飼いでも病気で亡くなる事もありますよね。

それを考えると外出自由がいいのかな、なんて思います。

交通事故や虐待や病気の感染などのリスクを考えて、私は室内飼いしてます。

飼い主のためかもしれません。

でも、お家の中でも退屈しないよう工夫すればいいよね!?と思っています。
JACK of the first cat was interior keeping. He died while young after an operation of urinary calculus.

A cat also dies of sickness by interior keeping.

Then is it better for me to make the cat free keeping?

Because I'm worried about a traffic accident, misusage and sickness, I keep a cat indoors.

It may be for an owner. An owner should do a device with which a cat isn't bored in the house.
みさとさんのお宅ではAt Ms.MISATO home
我が家はマンションの高層階ということもあり、物理的に室内飼いになっていますが、もし自由に出入り可能な環境下であれば『たまには息抜きしておいで』って、送り出すかもしれません。

ただ、いつもは安全でも今回の小雪ちゃんのように想像もしないアクシデントに出会うかもしれないと思うとやはり恐怖心が勝って室内限定にしてしまうでしょう。

毎朝通勤時に出会う三毛猫がいます。緑の中でとてもイキイキと輝いて見えます。

彼女を見るたびに我が家の猫も本来はこうありたかったのではないか?…という思いがよぎりますが、やはり人間の…私のエゴといわれようが自分の愛猫には『守るべき存在』でいて欲しいのです。

愛猫は室内飼いにもかかわらずたまに雀を捕まえます。
それが雀じゃなくてインコだったら?飼い主さんは我が愛猫を憎むでしょうね。

自由であることの代償(?と言う言葉は適切じゃないかもしれないけど)には、被害者になる危険性と加害者になる危険性の両方をはらんでいるんだと思うと、やはりどちらの危険にも晒したくないと思ってしまいます。
I live on the high-rise floor of the apartment. A cat is interior keeping. The environment suitable for free keeping may sometimes let out a cat.

Even when a cat is always safe, unexpected danger may be in a cat. (Like your KOYUKI)

when commuting every morning, there is a calico cat which comes. The calico cat is brilliant and seems very vividly in the green. I long for the calico cat.

Even if it's called my egoism as expected, there is a pet cat of me in the side, and a pet cat wants me to fawn.

Though my pet cat is interior keeping, a bird is sometimes caught. If that's the parakeet which has escaped from a some other place, an owner of a parakeet would complain of my pet cat.

The compensation of being free. When the cat is made free keeping, there is danger of both of a victim and a wrongdoer. I like neither danger.
ブンタママさんのお話Talk of Mom BUNTA
う〜ん、こればかりは本人ならぬ本猫に聞かないと分からないのでありますが、私の意見としては猫を飼うと決めた以上、飼い主の責任として危険だと分かっている事にはそれを回避してあげるのは必要なことだと思うのです。

確かに心情的には野や山を思いっきり駆け回らせてあげたい気持はあります。
猫自身が死んでもいいから外に出して〜といえばそうするかもしれませんが・・・^^;

私の知り合いの家で、5匹の兄弟猫を飼っている子がいたのですが、その子がいない時は先住猫に気を使って、みんなを紐でくくって柱に結んでいました。(かわいそうだけど仕方ないんよって)

帰って来たら部屋の中では自由にさせていたようですが。
あとケージの中にいれているときも多かったようです。

それに比べると、猫プさんのおうちは広いようにお見受けしましたので、家の中だけでも十分だとは思います。

ただ、一度でも外の味を知ってしまうとなかなか飼い主の思うようにはいかなくなるという事も、獣医さんが言ってました。

産まれたときから室内飼いにしておけば、猫の方も「こんなもんなんだにゃ〜」と思ってくれるようです。

私は三匹の猫を外に出した為に失った経験があるので、あんな思いは二度としたくないし、猫にとっても自由と引き換えのあまりにも大きな代償だったとおもっているので、室内飼いはこれからも変わりません。

参考になったかどうか分かりませんが、後は猫プさんの残された猫に対する愛情にお任せします。

ちなみに今朝も網戸を開かないようにしている紐を上手に外して出てしまったのですが、すぐ捕まえました^^;
猫は人間がおもっている以上にかしこいにゃ〜♪
If a cat is kept, I think danger of a pet cat should be evaded by owner's responsibility.

My ideal is that a pet cat runs about to the fullest outside. When a cat says "Because I may die, please let out.", I may do that.

My acquaintance keeps 5 brother cats. When an owner is absent, it binds focusing on them with a string, or puts them into a cage. When an owner goes home, they're free in the room.

Her house is small. Your house is wide, so I think a cat is probably enough for interior keeping.

A veterinary said. "It's difficult to assume easily that a cat goes outside even sometime in interior keeping."

Interior keeping is no problem from born time.

I lost three cats of free keeping before. I'll never want to do such concern any more. It's also the free compensation for a cat. So my pet cat is interior keeping.

Is my opinion a chopper in your reference? A relation between you and a pet cat is left to you.

My pet cat unlocks rock of a screen well this morning, and a cat has gone outside. It was caught right now.

A cat is wise!
Madam peppeさんのお話Talk of Ms. Madam peppe
前回 コメントしたように、私は1度 交通事故で逝かせてしまったので、今の環境で外に出すことは考えられません。

でも、周りに田畑があるような環境だったら、お散歩を止めることができるかどうか、自信無いです。

小花が咲く細道を、楽しそうに歩く小雪ちゃんの姿は、この上なくしあわせそうでした。とっても羨ましかったです。
猫の行動範囲から考えると、二階建ての家くらいなら、室内だけで運動量も充分だと聞きましたが、やっぱりそうは思えません。

いつも「私のわがままで、一緒に居てもらってる」と思ってます。「可哀想だから 居てやるか」と思ってもらえたらいいんですが・・

最近は 人間の子どももそうですよね。外には危険がいっぱいです。でもだからといって 外に出さないことがいいことなのか?ならば、みすみす生命の危険にさらすのか?

・・答えは見つかりませんね。
A pet cat died of a traffic accident before. The pet cat can't be made free keeping by the environment now.

But if it's the environment with the fields in the neighborhood, is it possible to stop a pet cat from going outside?

The figure in which KOYUKI walks along the narrow lane where a floret blooms happily seems to be fortunate. It was very enviable.
The momentum of the cat seems enough for a two-storied building only at an interior. I don't think so.

I think as usual "A pet cat is interior keeping by my selfishness." I hope that a pet cat thinks "Because I feel sorry for an owner, I'm here together."

The person child is same recently, too. Danger is much in outside. So is it right not to let out? Is it the one the life risks helplessly?

An answer isn't found.
piyokoさんのお話Talk of Ms. .piyoko
私も一緒に暮らしていたニャンコに逝かれてから
ワンコもニャンコも飼えなくなってしまいました(T_T)
2週間夫と2人泣いて泣いて・・・・。
動物霊園にも49日まで毎日足を運びました。

ウチの近所は野良くんがたくさんいてみんな100均で餌を
買ってあげています。私はとても癒されてます。
もう10年以上経つのに忘れた事はありません(T_T)

さて本題の室内飼い・自由飼いですが
私はどちらがいいかなんて分からないと思います。

ウチのように室内飼いをしてても病気で逝ってしまうのですから・・・。狭いマンションの中で1日中居させて悪かったと
いう気持ちもありました。
Before, a pet cat was sick and died. We were sad, and couldn't keep dogs and cats any more. I kept crying with my husband for two weeks. I went to a memorial service of the pet cat every day in an animal cemetery.

In more than 10, we don't forget the pet cat. There are many stray cats in the neighborhood. Inexpensive feed is given to them. I'm healed by them very much.

Which is right, interior keeping or free keeping? It isn't understood. My pet cat was interior keeping, but a cat was sick and died. A pet cat was shut in the small apartment. We apologize to a pet cat.
なべさなさんのお宅ではAt Ms. NABESANA home
我が家のシロは、11年間元飼い主さんのお宅で 窓から時々外に出ていたらしいです(推測の域ですが)。

それぞれのニャンコの性格にもよるのでしょうが、我が家に来てからのシロは 2回ドアから隙を狙って少しだけ外に出たことがあります。
今でも「出たいな・・・」と、思っていると思います。 

シロと暮らして4年弱 室内飼いでも そこそこ満足してるようにも見えます。
というか、飼い主(私)と一緒に過ごす時間がとっても幸せ!と感じているように見えます。

本当の心は分かりませんけどね。本題と少しそれてしまいましたし、老猫シロのことですので参考にならないと思いますが書かせて頂きました。
SIRO was acquaintance's pet cat for 11 years. Then SIRO sometimes seems to have gone outside from a window.

A gap of a door was fled only twice after SIRO was my pet cat. SIRO is eager to go outside even now.

SIRO comes to the house, and is 4 years. SIRO is satisfied with this living mostly in the mean time. When SIRO is here with me, she seem happy.

Feeling of true SIRO isn't understood. Does SIRO of an old cat provide with your useful information? Interior keeping may be taken for a cat and an owner.
トムニャンさんのお宅ではAt Ms. TOMUNYAN home
周りの環境によってもかなり違うと思いますから、どちらが良いとは言い切れないですけど。。。

家は街中で車の通行も多く今は完全室内飼い!
自営業の為お客さんが来るたびにドアの開け閉めは多いですが、猫ズも自覚しているのかドアが開いていても飛び出していく事はないです。

でもまだ20年以上前に飼っていたチーちゃんは、家の裏が空き地だったのも有り自由飼いで、明け方虫を追いかけながらピョンピョン跳ねてる姿は本当に楽しそうでした。
懐かしい昭和の時代だったからでしょうか(~_~;)
周りの環境によってもかなり違うと思いますから、どちらが良いとは言い切れないですけど。。。

家は街中で車の通行も多く今は完全室内飼い!
自営業の為お客さんが来るたびにドアの開け閉めは多いですが、猫ズも自覚しているのかドアが開いていても飛び出していく事はないです。

でもまだ20年以上前に飼っていたチーちゃんは、家の裏が空き地だったのも有り自由飼いで、明け方虫を追いかけながらピョンピョン跳ねてる姿は本当に楽しそうでした。
懐かしい昭和の時代だったからでしょうか(~_~;)
keiさんのお宅ではAt Ms. kei home
勤め先の野良猫ちゃんを5年前に我が家に迎え入れのがきっかけの愛猫生活です。
その子は一年足らずで生まれながらの内臓二箇所に異常があり虹の橋の元に旅立ってしまいました。

めぐとの辛い闘病生活の終わりを迎える僅かな時間に生後2ヶ月足らずのぐみとの巡り合わせでめぐが旅立った後の苦悩生活が和らいで行ってくれた物です。

何時も私が「みんな、我が家の子に成って良かったね!幸せだよね?」と声を掛けていると父さんが「其れは分からないよ?」
「自由に好き勝手に飛び回れる方が好いかもしれないよ?」

と口を挟みます。確かにそうかもしれないな?
でも、ご飯と安全は守られている・・・。

しかし、完全室内飼いにしていても、うっかりとぐみを外に出してしまって、とても辛い思いもした私です!
やっとのことでぐみを目の前にした時、私の腕の中に抱え込んだ時に「も〜う!どんな事があってもしっかりと守って上げる!」と泣きました。

なのに・・・高層の階でのベランダの遊びには矛盾かな?
落ちたら落ちたと言われても取り返しが利かないのに・・・。と
ぶつぶつ好いながらもせめての野生行動を危険との隣りあわせで過しているのも可笑しな物ですね。

車社会の中での猫生活、野良猫を捕獲して実験動物として売り飛ばす危険な都会では、安全な外遊びもむりかな・・・。
I kept the stray cat which was in a place of work. The name is MEGU. My first cat. MEGU was defective in having within and died of less than one year.

When MEGU is sending hard living under medical treatment, GUMI has come to the house. GUMI was a kitten of two months old. It was divine protection of GUMI and was rescued from the sadness of which MEGU died.

I always say to a pet cat "Cats are happy at a house." Then that my husband says ”Isn't understood. A cat may want to go outside freely."

Certainly. But we defend against hunger and danger.

It was perfect interior keeping, but GUMI has fled to outside. I worried then. When GUMI went home safely, I hugged her and cried. Then that I'll protect GUMI by all means has been decided.

I live on the high-rise floor of the apartment. I can have GUMI play by the verandah. If GUMI falls, it's dangerous. I wanted to let out GUMI even a little. Safety and danger. I'm inconsistent.

The city is dangerous. I have a lot of cars and have a lot of bad people, too. So the safe going out of a cat is impossible.
める姉さんのお宅ではAt Sister MERU home
うちの猫達は 中途半端な室内飼いです。
本当は 外に出たいと うずうずしている 雑種猫。。
私の隙を見ながら 時々脱走します。
でも 極力うちの中で飼いたい。。猫にはかわいそうですが。。

前は ただ 交通事故にあったらどうしようとか
半年前に 野良猫と喧嘩して帰ってきて 傷からばい菌が入り
膿んで病院に通ったこともありました。
猫に 安全じゃないからと 外に出さなかったのですが、

このごろ うちのつくしは 外に出ると 二重人格(二重猫格)であることがわかり、
半分 人慣れしているくせに 家族以外の人間にあったことがなく、 他の人が触ってくると 思いっきり威嚇して 引っかこうとしたり 噛み付こうとすることがわかりました。

犬なら 多少のしつけはできますが 猫にはできるのでしょうか?
おうちの中では 飼い主に引っかいたり 噛んだりしない とっても温厚な 人懐こい可愛い猫なんですよ。

もし 他所の子供さんや 猫嫌いの人にそんな怪我でもさせたら。。。
保健所行きになってしまいます。それだけは 一番避けたいからです。

今 うちの猫は 外に出たいのですけど、我慢してもらっています。
人間のエゴで こんな都会にそれも 狭い家に 自由奔放な生活を望んだ野性的な性格の猫を飼っちゃった私が 一番悪いと思います。
だから 猫達の最後まで 外に出せれない分 可愛がってあげようと思います。
でも 次は私がここに住んでいる以上 猫は飼わないようにしようと思っています。
My pet cat is incomplete interior keeping. A hybrid pet cat is eager to go outside. And a pet cat sometimes flees. I feel sorry for a pet cat, but I'd like to make the cat interior keeping.

A stray cat and a pet cat in a house quarreled before half year, and a pet cat was injured and went to a hospital. I worried about the danger by which it's for a traffic accident, and I didn't let out a pet cat.

TUKUSI of a pet cat is split personalityy. TUKUSI doesn't meet a person of anyone but the family so much. TUKUSI is friendly for the family.
But when others approach TUKUSI, TUKUSI intimidates, bites and scratches.

A dog can discipline, but can a cat discipline?

If TUKUSI harms others, it's serious.

So I make them stand a pet cat, and the cat is made interior keeping.
Human egoism.
A wild cat was kept in the small room in the city. Such I'm bad.

I think so I'll feel a cat is cute very much. If living here, that a cat won't be kept from now on has been decided.
naboさんのお宅ではAt Ms. nabo home
ペットを飼いたいと思ってからはずっと迷っておりました。

子供の頃飼っていた実家では犬は小型の室内犬でしたが、猫は出入り自由でした。
猫=自由きまま というイメージがどうしてもあって、この狭いマンションの中だけでいいものだろうか・・・?でもマンションで飼う以上は室内猫だし去勢するものという定義に何度も飼う機会を逃してきました。

そして一応それで充分納得した上で、ゆずを迎えました。が・・・やはり外に出たがり、切ない顔で窓の外を眺める姿を見ていると心が痛みます。

田舎で育った私には、人間のエゴで外に出さず去勢もされ という思いがどうしてもぬぐえません。

外を自由に駆け回り、風を感じ、蝶を追いかける。。。お腹が空いたら帰ってきてご飯を貰い、暖かいベッドで喉を撫でてもらいながら眠る。
それができることならしてあげたいのが正直本音です。

けれどそれは私にはしてあげれません。ここではすぐ交通事故にあってしまいます。
私にできるのは夜中にベランダで一緒に星空を見上げることぐらいです。
籠の鳥 のお話もありますが、きっとこれは答えが出ないままなんだと思います。

それぞれの飼い主さんが悩みながら、諸々の事情を鑑みて判断されることなのかな、と。
I hesitated about whether it was interior keeping or free keeping after I thought I kept a pet.

A dog was a small interior dog around a child at its parents' home, but a cat was free keeping. There is an image as "a cat is free, putting condition". Can I keep a cat in the small apartment? If keeping at an apartment, birth control should castrate a cat by interior keeping. So a cat couldn't be kept easily.

And YUZU was kept finally. YUZU was eager to go outside. And YUZU sees outside the window by a painful face. A heart spoiled for me.

I grew up in the country. I think so it's human egoism to castrate the case that the cat isn't made free and birth control.

A cat runs about in outside freely, feels a wind and runs after a butterfly. And if a cat is hungry, a cat is returning and has rice, and a cat sleeps while having an owner stroke the throat with a warm bed. That's my dream.

But that's impossible. Traffic circumstances around here are bad. I can judge a starry sky from a verandah at midnight with my cat. A bird of a basket.

The respective owners worry, consider various circumstances and judge.
まなみんちさんのお宅ではAt Ms. MANAMINCHI home
十兵衛の時には元々外猫だったので、なるべくは出したくなかった(具合が悪かったから)のですが、発情であれほど鳴いてでたがってたから出しましたが、二度と会えなくなるとは思いませんでした。

でも後悔はしていません。いまでも玄関の戸に残る爪跡を見ると切なくなります。。。

茶ぁ〜はずっと野良ちゃんだったのもかかわらず、外に出たがりません。
きっと辛い思いをしたのでしょう。来客や宅配便があると直ぐに隠れてしまいます。虐められたのかもしれませんね。

小次郎やなびも本当は外に行きたいのかも知れないと思います。
小次郎は何度か脱走経験ありますし。。。

私も人間のエゴかもしれないけれど、病気や事故が心配でずっと室内飼いでいくつもりです。

バイクで走っていて事故にあった猫ちゃんをみるのは本当に辛いです。
JYUBEI was a stray cat. I didn't want to take him out to outside. It's because he was sick. But it cried intensely in estrus, so it has been taken out. And he never returned.

But I don't regret it. When a nail mark in JYUBEI which stays in a front door is seen, I become painful.

CHA which was a stray cat likewise isn't eager to go outside. CHA would do spicy concern. When a person comes, CHA will hide immediately. When CHA is a stray cat, CHA may be spited one.

KOJIROU and NABI would like to go outside actually. KOJIROU fled several times so far.

It may be human egoism, but I'm worried about sickness and an accident. So a cat is interior keeping.

It's really hard to see the cat which had an accident.
じゅり母さんのお話Talk of Ms. Mom JYURI
昔実家にいた猫は、当然のように出入自由でした。
当時は猫を家の中に閉じ込めて飼うなんて思いもしなかったです。

ふらっとやって来た迷い猫が居着いたり、
野良ちゃんが居着いたり、子猫を貰ったりもしましたが、
どこかへ行ってしまったり、毒物を食べたのか泡を吹いて死んだ子もいました。

弟が拾って来た雌猫が、やはり出入自由で避妊手術が間に合わず妊娠、出産。
子猫を1匹残して他の子を貰ってもらい、親子で育てました。
そしたらその子がまた手術が間に合わず妊娠出産。
ある日雄猫が家に入り込み、子猫3匹を噛み殺しました。
(ライオンなどもやるそうです。)
残った2匹の子猫は雄猫で、大人になるといなくなりました。

母猫は9歳ぐらいから口の中の状況が悪くなり、
(当時は家を出ていたのでよくわからないのですが、
口内炎があったり、歯が弱ったりしていたと思います)
涎や口臭が酷かったとか。
今思えば猫エイズに感染していたのではないでしょうか?
11歳の頃実家に行ってみると、
顔が腫れあがって目が閉じなくなっていました。
病院に連れて行って膿を出してもらい、目は閉じるようになりましたが、
結局そのまま亡くなりました。

娘猫のほうも11歳くらいで元気がなくなり、
それでも外でないと用を足せなくて、
弱った身体で外に出て、帰って来ませんでした。
昔の人は「猫は死ぬ時に姿を隠す」と言いますが、
実際は弱って動けなかったり、交通事故にあったりしているそうです。

それまで私は鳥担当で、弟が猫担当だったので、
猫について勉強したことはありませんでした。
レオを拾ってから、本を読んだりして猫について学び始めました。
それでも山暮らしで、レオはもちろん出入自由の山猫でした。
だからレオはさんざん殺生もしています。
自分も1ヶ月行方不明、3度の喧嘩傷悪化による手術も経験しました。
手術するほどではない怪我はしょっちゅう。
よく病気にもならず生き延びたと思います。

マンションに越して来て、最初レオがノイローゼのようになってしまいました。
山に遊びに連れて行ったりもしていましたが、
きりがないので、テトを遊び相手に貰って来ました。
それからはベランダで外を眺めるだけで、
何とか満足してくれるようになりました。

その後家族になった子たちは、自然に室内飼いになったわけですが、
子猫の頃から室内飼いだと、不思議に全然嫌がりません。
ただ経験豊富なレオに比べると、知恵もないし、
来客恐怖症です。

でも交通事故、喧嘩、行方不明、虐待、
こちらが人に迷惑を掛けることなどを考えると、
これから先は自分では室内飼いをすると思います。

昔の猫たちには本当に申し訳ないことをたくさんしてしまったと、今になって思うのです。
それでも家族みんなでかわいがっていたんです。
当時は知識もなく、考えが浅かったです。
The cat which was in its parents' home before was free keeping.
There was no interior keeping of a cat then.

There were some pet cats which waver and have come, and I got a kitten.
A cat became missing, and there was also a cat which played a bubble from the mouth and died.

My younger brother picked it up, and the female cat which has come was free keeping as expected.
I didn't make for a contraceptive operation of the cat, became pregnant and gave birth.
1 kitten was left and other kittens were given in a some other place.
And the kitten was a senior cat, and I didn't make for a contraceptive operation as expected.
On some days, a tomcat in a some other place came into a house and bit the kitten. (It's said that the lion also does.)
2 kittens which survived were a tomcat.
When it'll be a senior cat, the kitten has disappeared.

Slaver and the halitosis were cruel from about 9 years old for a mother cat.
When thinking now, wasn't the mother cat infected with cat AIDS?
When the mother cat was 11 years old, her face swelled, and an eye didn't close any more.
A mother cat saw a doctor and took out pus.
A mother cat died after all.

The kitten will be 11 years old, and the cat goes outside by the body which failed, and she returns and has not come.
A word says to an old person "When a cat dies, a cat hides itself."
A cat fails actually, and a cat can't move, and has a traffic accident.

The care section by which I'm a bird up to that.
The care section by which my younger brother is a cat.
I wasn't conversant with a cat.
I studied about a cat after I picked Leo of a cat up.
I lived at a mountain at that time.
Leo was a cat in a mountain.
So Leo is killing sound. Leo was missing for 1 month, and a quarrel bruise was aggravated, and he performed an operation. Leo often did the injury which isn't to the extent he performed an operation.
Leo isn't also taken ill and he's long and it's strange that I lived.

And I and Leo have moved to an apartment.
First Leo was neurosis.
After that I got TETO of a cat.
And Leo just looked at outside by a verandah, and he was satisfied.

The cats kept after that are interior keeping. If it's interior keeping from time of the kitten, it's OK. I'm also unwise and it's afraid of a visitor. But when a traffic accident quarrels, is missing and ill-uses, and trouble in neighborhood is considered, a cat is interior keeping. Many really sorry things have been done in old cats. Still the family, a cat was loved. I also had knowledge and was shallow in thinking then.
ゆきはっちさんのお話Talk of Ms. YUKIHATTHI
私は室内飼いでうちの子と暮らしていこうと思います。

お外で思う存分遊んで帰ってきたらうちでゴハンを食べて、のんびり寝て…という生活には憧れがありますが…。

今は札幌に住んでいますが、去年まではオホーツク海側ののどかな田舎暮らしでした。
野良猫さんも自由猫さんもたくさんいて、外で焼肉なんかしてるとどこからかおねだりに来る常連猫さんもいたりして、猫には寛容な環境にいました。

私が猫を飼うきっかけになった猫は自由猫でしたが、この夏再会したとき、その場にもう1匹野良さんとおぼしき猫も居合わせました。
その猫の首が何かに引っかかったのか、ベロリと大きく三角形に皮がむけていたのを見て、外にいる危険を目の当たりにしたように思い…やっぱり交通事故や病気、いろいろなリスクを考えて、うちの子は室内飼いでいこうと思いました。

今年は猫友さんのお宅の猫ちゃんたちが不幸な事故に遭われることが続き、私も球も考えさせられました。

自由と安全を天秤にかけたら、私はどうしても安全に傾いてしまいます。私の身勝手でも安全な場所、自分のそばにいてほしいと思ってしまいます。

そう思ったからには、少しでもストレスの少ない環境を用意することが大事だなぁと…言うは易し、行なうは…ですが、そうやって暮らしていこうと思います。
I make the pet cat interior keeping.

I make the pet cat interior keeping. A cat plays outside freely, and a cat goes home and eats food stomach full, and a cat sleeps slowly at a house. This is my admiration.

I was city residence, but I just lived in the country of the Sea of Okhotsk oceanside until last year. There were many stray cats and cats of free keeping in that place. When we do roast meat outside, cats are coming near.

When I had an interest in a cat, the cat was a stray cat. In this summer, I met the cat again. There were other stray cats with the cat.
A neck of other cats was big, and a triangle could peel off leather. The danger by which a cat is in outside was made a hit of an eye.
My pet cat considers a traffic accident, sickness and various risk as expected, and is interior keeping.

Friend's pet cat had an unfortunate accident this year. I and my husband thought.

If one of freedom of a cat and safety are chosen, I choose safety of a cat. It's my selfishness, but I want there to be a pet cat near me.

I think so I'll give a little environment of the stress to a pet cat. That's difficult, but I exert myself.
はじめましてさんのお話Talk of Ms. HAJIMEMASITE
度々噛まれてた云々にまず驚愕です。
てっきりご病気かと思いました。

1回でも噛まれてたなら外に出さないでおくべきでした。
野犬は保健所にいえば捕まえてくれます。

春から放置されてたと・・・全てが驚きです。
田舎と都会とでは環境が違いますがこういった状況でまだ外に出しているのか・・・と思うと・・・

確かに最初は外に出たがると思いますよ。
でも危険を回避するには仕方が無いかと思います。
それが我慢(人間が)出来ないようなら・・・
二度目も有りうるのではないでしょうか?

外でのびのび暮らすにゃんこはとても魅力的です。
でも危険をおかしてまで・・・は私には無理です。

危険を回避させてあげれるのは飼い主なんですよ。
危険を承知で外に出されてた飼い主さんに問題があると私は思います。

外に出すならまずはノラ犬駆除(こういう言い方は好きではありませんが)しなければ今後もこういうことが続くのではないでしょうか。
ノラ犬を駆除するのは可愛そう!とか言うのであればニャンコは室内飼いをお勧めします。

二度と悲劇がおきないように。
I'm astonished that KOYUKI was often bitten at. I thought she was sick certainly.

If she was also crunched with once, an owner shouldn't let out. A health center catches a stray dog.

The environment is different with the country and a city. However, it is that the owner took out the cat with consent for danger outside!

Cat would be eager to go outside at the beginning certainly. But I'd like interior keeping to evade danger. The second time would also be possible in its state of you.

The cat which lives free from all cares outside is very attractive. Although it is dangerous, I cannot do taking out a cat outside.

It's an owner that danger of a pet cat can be evaded. Though it's dangerous, there is a problem with the owner who let out a cat.

If you let out pet cat, an extermination (I don't like such way of speaking.) has to do a stray dog.
If you think to exterminate a stray dog seems pretty, the cat should be made interior keeping.

Tragedy never occur.
ひむさんのお話Talk of Ms. HIMU
うちの猫たちは代々室内のみで生活してます。

今いる子たちはもともとはノラの子なので外にいたのですが、拾った時から室内のみで飼っていたので、全く外に出たがる事はないです。

外にだすのは逆にうちの子にはストレスになるんではないかな?

うちの場合はまわりに車も多いですから、外に出すというのはもともと選択肢になかったのですけど・・・。

他の猫とのケンカや、その他色々心配なこともありますし・・・。

外に出てないので、怪我はまずしないですし病気も今のところしたことがないです。
猫もそれが普通だと思っているので特にストレスもなさそうです。

外に出たがるのは多分縄張りがあるからで(見回りのために)、小さい頃からお部屋にいれば、あまり出たがらないんじゃないかな?と思ってます。

縄張りをすでに持っている子たちは難しいかもしれませんが、外猫さんを室内猫さんに出来ない事はないと思いますし、室内飼いもいいかと思いますよ
Cats in a house are living only at an interior.

Kept cats were just a stray cat. But it was kept at an interior from the time when I picked them up. So cats aren't eager to go outside at all.

I think it's their stress that cats go outside.

There is a lot of traffic volume around the house. So there is no intention which lets out cats.

A quarrel with other cats and, additionally there is worry variously.

My cats don't go outside, so there is also no injury chopsticks or sickness so far.

It's because there is a territory, that a cat goes outside eagerly. If cats are interior keeping from small time, they aren't too eager to go out.

The cats which have their own territories already may be difficult. I think the stray cat can be made interior keeping.
さごれさんのお宅ではAt Ms. SAGORE home
我が家の類と総二郎は、保護団体から譲り受けた猫ですが
完全室内飼いが条件でした。
私が子供の頃、実家でも猫を飼っていましたが
やはり室内飼いでした。

多頭飼いの場合、留守番猫でも
遊び相手がいるのでさみしくないかな・・・と。

生まれたときから一緒の2匹は
人間が大好きな、甘えん坊です。
窓から外はよく見ているけれど
外に出たいと思っているとは考えていません。

私が提供する空間で
兄弟と遊び、おいしいものを食べ、安心して眠る。
この仔たちのすべてが
あたしの今の生きる勇気でもあります。
だから、あたしの目の届かないところには
行って欲しくない。

人間の子供なら、成長すれば話が出来るけれど
猫にそれは望めない。

だから、室内で目の届くところにいて欲しいのです。
RUI&SOUJIROU of a pet cat of my home was taken over from a protecting group. Perfect interior keeping was the condition. I kept a cat around a child, but it was interior keeping.

When it keeps two or more cats, even when an owner is absent in the daytime, since a playmate is, I think that a cat is not lonely.

Man likes RUI&SOUJIROU very much, and they're a mollycoddle. They're often judging outside from a window, but I think they don't want to go outside.

Cats are idle at an interior and they eat something good and they sleep surely. They're a source of the courage through which I live. So I don't want them to go beyond eyeshot of me.

When a human child grows, you can talk, but a cat won't be done.

So I want them to be at the place on which I keep an eye at an interior.

上へ