仕立ての特徴
裾すぼまりに美人仕立てした全体柄の振袖の柄がバッチリ合ってる様子 猫プ特有な仕立てで衿付けにカーブを用いますが、衿元の柄もバッチリ合ってる様子
振袖・留袖・訪問着・付け下げいずれも高価なものです。お袖は縫い代が多すぎると、ゴロつきますので、程ほどで切り落としますが、表布の身頃・おくみは全て揚げに入れ、衿も衿先に入れて、布はお客様の要望が無い限り、切り落としません。まぁ私は全ての長着はそうしますが・・その方が更生する場合重宝です。切り落とした布は案外使えません。
猫プ特有な仕立て方、裄の長い方の振り袖の袖も裾すぼまりにします 猫プ特有な仕立て方をした着物のたたんだ所の画像
振袖と浴衣はほとんど、ジャストエイジのみで着ます。ですから身幅も丈もぴったりサイズでOK。後の長着はおばさんサイズになっても極端で無い限り、使用可能なサイズにお作りするのが良いと思います。

裾あわせ
猫プ特有なお仕立て、振袖も裾は膝下まで胴巾で狭くします 振袖は先ず全体の柄あわせをして仮縫いしてから本縫い、きせとします
@裾柄合わせ。柄重視ですが、なるべく美人仕立て算出した寸法になるよう努力です。膝下巾直下ですのでほとんど問題ありません。 A身頃・おくみ・袖・衿すべて柄が合ったら、身頃の裾模様からキセ山をコテをかけて躾をします。
振袖の本縫いは柄の色ごとに糸の色も変えます 裾の柄あわせが済んだら、裾線を布目に沿って断ち切る
B縫いに入ります。柄毎に糸の色を変えて縫い進みます。 C裾柄あわせが済んだら、裾線を布目に沿って真っ直ぐに揃えます。

袖の仕立て
大きな振袖の丸みの縫い方画像 大きな振袖の丸みの縫い代のたたみ方
@振袖の袖丸みは3寸〜3寸5分11.5〜13.2p(長襦袢は長着より5分2p大きくします)。丸み本線から1分(0.3p)離してぐしを糸二重で入れ、残り糸はそのまんま玉止めして切らずに、縫いっぱなしにします。ぐしは袖丸みの範囲内で収めます。 A丸み型を当て固定して、ぐしを縫いっぱなしにして置いた糸を引っ張って、丁度型道理に引き縮めます。そして、丸みにコテをかけ次に縫い代を一枚づつ丁寧に厚みが重ならぬように心がけてたたみ、一ひだづつコテをして躾でひだを押さえていきます。
大きな振袖の丸みの完成画像 袖付けの柄あわせ、マウスを乗せると拡大画像出ます
Bそうすると、こんなに綺麗にふんわりと柔らかな丸みが出来上がりぃ! Cお袖は柄あわせ後、最初に作って押しをしておき、最後に付けます。画像の上にマウスを乗せて下さい。拡大します。

衿付けと褄
猫プ特有の衿つけ、カーブを用います。マウスを乗せると仕上がり画像出ます 剣先の部分衿つけの仕上がり画像
マウスを画像の上に乗せて下さい。仕上がり画像がでます。 衿は表衿・表裏身頃・裏衿で四つ縫いします。縫うのに厚みがあって縫いにくいですが、仕上がりは綺麗です。掛け衿の理想丈は、着付けた時に帯の天板から1寸(3.8cm)上に付く位置です。繰越や型の厚みを考慮して掛け衿丈は決めます。
衿つけ止まりの仕上がり画像 褄(おくみの裾先)の仕上がり画像