猫プ特有の仕立て・長襦袢後ろ身頃標付上半身の
後ろ身頃上半身の標付け:裄は袖巾で2分(0.7p)控えます。繰越は長着同寸。肩明きは1分(0.3p)控えます。
猫プ特有の仕立て・長襦袢後ろ身頃下半身の標付け
後ろ身頃下半身の標し付け:裾・ヒップの所の寸法は共に長着+5分(2p)
猫プ特有の仕立て・長襦袢の前身頃上半身の標付け
前身頃上半身の標し付け:抱き巾(剣先の所)は長着より5分(2p)広くします。おくみ下がりは着物−5分(2cm)。尚衿付け線は肩山から1寸5分(5.7p)直下。衿の傾斜は、長着のそれより1分5厘〜2分(0.5〜0.7p)多くします。すると、長襦袢の衿が着付けた時、引っ込みません。
猫プ特有の仕立て・長襦袢前身頃下半身の標付け
前身ごろ下半身の標し付け:前巾は長着+1寸(3.8p)。1/4巾のおくみ(反巾の布巾二つ折り)を付けますが、褄下は長着-1寸(3.8p)
猫プ特有の仕立て・長襦袢広バチ衿の標付け
衿先布を付けて、衿付け線の標を先に付けて折り曲げ、そこから衿幅を付ける
衿幅は、肩回り=2寸8分(10.6cm)・剣先の所=3寸8分(14.4p)・衿付け止まり=4寸〜4寸2分(15.1p〜16p)
猫pう特有仕立て・長襦袢広衿の標付け
広衿は、衿先布は回しがけ、3分(1p)衿付け代を取り、折り曲げてから幅を2寸8分(10.6p)取り、折って置く
最後に長襦袢の身丈=身長×0.82〜0.83です。
太っちょさんは×0.85