男物の袷長着の裏は、「金巾(かなきん)」と言い綿が多くすべりが悪い。裾さばき良く歩き易くする為に、師匠は長襦袢を右上前に着る。又は二部式の長襦袢を作って、上身頃は左上前に、下身頃は右上前に着るそうです。
又、すべりの良い絹の長襦袢を下に着た場合、袖口から長襦袢の袖が出る事があるそうです。その場合長襦袢の裄丈は長着のソレより8分(約3p)控えた方が無難だそうです。モスリンの長襦袢がすべりの悪いモン同士でお互いもたれあっていいそうですよぉ。